ママに負けないパパになる 男目線の家事と子育てブログ

自慢のパパ、自慢の夫になりたい。家族を愛する男、結婚したばかりの男、結婚しようか迷ってたら読むブログ。宜しくお願い致します。

毎月のお小遣いを節約する一番簡単な方法

time 2017/06/11

どうも、パパさんです。

全国のパパさん、今日もお疲れ様です。

このブログの記事数も増えてきましたが、ご満足いただいているでしょうか?

私現在のの願望は、このブログをあなたが「今日も見るか」と思ってもらえるようになることです。

今日は私が普段やっている節約方法をご紹介します。

 

まず自分の毎月の収入を確認する

当たり前ですけど、一応。

私の仕事は営業なので、毎月の収入が微妙に変化するんですね。

給与明細を細かくチェックしていれば、分かると思いますが

支給額と手取りは違います。基本的には毎月「手取り」でやりくりしていくわけですから、

この手取り額から、いくら貯金するかを検討するわけですね。

 

貯金額はいくらにするか?

前項の「手取り額」から、いくら貯金をするかですが、

これも各個人で決めたほうが良さそうですね。

というのも、手取り額に対して差し引かなくてはいけない「固定の出費」があります。

「固定の出費」とは、たとえば家賃・ケータイ代金(通信費)、生命保険料とかです。

毎日の食費とかもですね。これらの「固定の出費」が少ないほど、

毎月の貯金額を増やしやすくなります。

 

私の場合は毎月3万円ずつ貯金してます。もうちょい貯めたいのですが、

子供もいるので・・・。

各個人の環境(たとえば結婚している、していない。子供がいる、いない)によって貯金額は調整したほうが良いと思います。

 

毎月のお小遣い額はいくら?

私は3万円です。こうして記事に書くと、すごいシュールでなぜか笑えますね(笑)

自分のお小遣いが私と同じように、3万円の人もいれば、

5万円の人もいるでしょうし、

1万円の人もいると思います。

これは人と比べても仕方ないので、このお金で一か月どう過ごすのか考えましょう。

このお小遣いを大切に使う・・・それが今日の記事の本質ですからね。

つまり節約ですね。その方法ですが、

 

お弁当を作る

 

これが答えです。これはかなり大きな節約になります。

サラリーマンのお弁当代金はだいたい500~800円。

仕事で遅くなる場合とかだと、夕食代もかかります。

仮に1日でお弁当を昼と夕方買うとして、約1000円は消費してしまいます。

これを一か月、休日を除いた労働日数(だいたい20~22日くらい)に換算すると、

2万円以上をお弁当に使っているということになります。

逆に言えば、あなたが弁当を手作りすれば2万円分、自由に使えるお金が増えます。

これはやらない手はない。

 

どんなお弁当がいいか?

 

手の込んだお弁当ではありません。

私のお勧めは簡単に作れて、持ち運び便利な万能ご飯、「おにぎり」です。

おにぎりの作り方を知らない方はいないと思います。

それぐらい簡単に作れるのが魅力でもありますが、

私がおにぎりをお勧めする理由は他にもあります。

それは、「どこでも食べやすい」「食べる量(おにぎりの数)を調節しやすい」

さらに「具材を入れたり、ふりかけで味を簡単に変えれる」

故に、「おにぎり」こそ万能お弁当なのです。順にそれぞれのメリットを見てみましょう。

 

どこでも食べやすい

私のように営業で会社の外に出ることが多い方は助かると思います。

座ってても、立っていても食べれる。場所を選ばず食べれるのもポイントが高い。

コンビニでおにぎりがずっと売れ続ける理由の一つではないでしょうか?

 

食べる量の調節がしやすい

私は小食です。日によってたくさん食べる日もありますが。

たとえば3つおにぎりを作ったとして、

お昼に2つ食べたとします。そこでお腹いっぱいになっても

全然OKなんです。時間が過ぎて、ちょっとお腹が空いたときに、

サッと残りのおにぎりを食べれるからです。

このフットワークの軽さ。

コンビニでおにぎりが売れ続ける理由の一つであることは、間違いありません。

 

 

具材を入れたり、ふりかけで味を簡単に変えれる

 

コンビニに陳列されているおにぎりは、梅、おかか、明太子など、

いろいろな味があります。違いは具材だけ。

しかも、おにぎりの中に入れるだけ完了です。ふりかけも良いですね。

ちなみに私はシンプルな、のりだけの、おにぎりが好きです。

 

おにぎりの作り方

 

サランラップかアルミホイルがあればOKです。

おにぎり専用の型だってあります。

食べたいだけご飯を握る。それだけです。

たったこれだけで毎月約2万円が節約できます。

 

いかがでしたでしたでしょうか?

これが一番簡単な節約方法です。

ぜひ試してみてください。

2週間くらい続けると、

お金の消費が驚くほど減っていることに気付き、

やる気も出て来ます。それではまたお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

down

コメントする