ママに負けないパパになる 男目線の家事と子育てブログ

自慢のパパ、自慢の夫になりたい。家族を愛する男、結婚したばかりの男、結婚しようか迷ってたら読むブログ。宜しくお願い致します。

あなたの家事の頑張りを、一瞬で水の泡にするNGワード

time 2017/06/09

私のブログも記事が増えてきました。
ちょくちょく更新してきましたが、これだけ増えてくるっブログっぽくて良いですね(笑)
さて、皆さんの家事や育児の成果はどうでしょうか?
たぶん私のブログ読者は男性が多いと思いますが、
少しでも家事ができるようになったり、興味を持ってもらえると嬉しいですね。
「家事は分担しよう・夫婦で協力しよう」と何度も書いていますが、
実際に頑張って取り組んでいる方の場合は、ちょっとずつ奥さんや子供の反応が変わってきているのではないでしょうか?
オレだってやればできる。その感覚がすごく大事なんですよ。

ただ、家事を手伝うようになって家事スキルが高くなってくると

「オレだってやってるよ」と態度がでかくなってしまうことがあります。

気持ちは分かるんですが、これは、奥さんをものすご~くイラつかせます。

奥さんと良い関係を築いて行きたいのであれば、絶対に言ってはいけません。

あなたの努力が水の泡になってしまいます。

 

毎日の仕事をこなし、家に帰ってからも家事をこなす。昔だったらすごいことだったかもしれないですが、

残念ながら今の時代は、「夫婦協力するのが当たり前」と言っても過言ではないのです。

私も含めてですけど、スタートラインに立った・・・くらいのイメージです。厳しいですけど。

家事でも仕事でもそうですが、

「相手」を「尊重」する、「自分」は「謙虚」でいる。このスタンスでちょうど良いです。

「自分」を「尊重」しろ。「相手」は「謙虚」でいろ。これだと頑張ったのに効果はゼロどころか、下手するとマイナスにもなります。

ただ、男側としてはやっぱり価値を認めてほしいという気持ちがあるんですよね。

そんなあなたにピッタリの言葉をご紹介します。

 

「今日の〇〇(家事)はどうだった?」と、質問する

 

これに尽きます。

コレが奥さんをイラつかせることなく、あなたのやる気を継続できる可能性が上がる言葉です。

この質問をすると奥さんは、あなたの家事に対して感想を話してくれます。

まあ、ダメ出しの恐れもありますけど・・・。

もしダメ出しであったとしても、それはあなたのスキルアップに繋がるので前向きに捉えても良いんじゃないでしょうか?

ほとんどの場合は、すごく助かるよとか、頑張ってくれてありがとうと言ってくれるはずです。

そう言ってもらえたら、あなただって毎日頑張ろうと思うでしょうし、変に態度がでかくなることも減るはずです。

私が家事を手伝い始めた頃は、「オレだってやってるやん」と言いすぎて何度ケンカになってしまったことか(笑)

 

奥さんだってあなたに認めてもらいたい

 

やっぱり褒められて喜ばない人なんていないと思います。

あなたが良い夫になろう・良い父親になろうと、頑張って家事や育児に協力する。

協力すれば、その大変さがよく分かるはずです。

それなら、奥さんだって家事や育児をどれだけ頑張ってくれているか分かったんじゃないでしょうか?

あなたが自分に出来る家事を探して一緒懸命頑張っている。それを奥さんに褒めてもらえたら嬉しいですよね?

奥さんも同じです。奥さんの頑張りは、あなたが見つけて褒めてあげなきゃいけませんよね。

 

まだまだスタートラインだとしても、ここから良い夫婦になっていけばいいじゃないですか。

そうやって夫婦が助け合う姿を見せることができれば、子供にも良い影響を与えるんじゃないでしょうか?

 

「オレだってやってる」という言葉は今から封印しましょう。

「今日の〇〇(家事)はどうだった?」と聞いてみましょう。

そして奥さんの家事に対して感謝を示しましょう。

そうすれば家事を頑張ったのに、奥さんをイラつかせることもなくなるはずです。

参考になりましたでしょうか?

それではまたお会いしましょう。

 

 

down

コメントする