ママに負けないパパになる 男目線の家事と子育てブログ

自慢のパパ、自慢の夫になりたい。家族を愛する男、結婚したばかりの男、結婚しようか迷ってたら読むブログ。宜しくお願い致します。

子育てのイライラと向き合う

time 2017/05/11

あー!もう何で言う事聞かないんだよ!!

私はほぼ毎日この状態です。

子供が言う事を聞かない、イライラする、

そのせいで余計に強く子供や妻に当たってしまう。

そんな自分がイヤになってしまう。

 

イライラする時のパターン

 

私がイライラするときは2つのパターンがあります。

・仕事の調子が悪いとき

・子供のイタズラや言う事を聞いてくれないとき

これは人によって他にもパターンがありそうですね。

 

仕事の調子が悪い時

 

特に仕事の調子が悪いときなんかは最悪です。

普段、家族に仕事の愚痴を話さないようにしている方ほど、

こういう傾向が強いのではないしょうか?

 

もし、あなたが仕事がうまく行かない、

その愚痴を言えないせいでイライラしてしまっているのであれば、

もう、そんなルールなんて、守らなくていいと思います。

 

確かに愚痴を言わない男は魅力的です。

でもそのせいであなたが苦しむのは、家族も嬉しくないんじゃないでしょうか?

時には奥さんや子供に愚痴をこぼしたって私は良いと思います。

妻に愚痴を話すようになってからは、逆に妻から愚痴を聞くようにもなりました。

これはこれでコミュニケーションの一つじゃないですか。

 

子供のイタズラや言う事を聞いてくれない時

 

子供がイタズラしたり、危ないことをした時に

自分がイライラしてしまうのは、

他の人へ迷惑をかけたくない、子供にケガをさせたくないという

気遣いや気負いのせいだと思うんです。

 

私の場合は、保育園へ子供を送る時ですかね。

車で送っているのですが、

駐車場から保育園までちょっと歩かないといけないんですね。

道が細いので滅多に通らないんですが、車が走っているときもあるんです。

さらにに深い水路もあります。防護柵もありません。

 

子供だけで歩かせるには、ちょっと心配になってしまう。

子供達は元気に保育園まで走っているのですが、

「危ない!走るな!」と、何度も何度も言います。

こんなイライラばかりしている父親で良いんだろうか?

 

そもそも子供が言う事を聞かないのは当たり前かもしれない

 

子供をコントロールしようという考えが

もしかしたら間違っているのかもしれません。

子供は会社の新人や後輩とは違います。

何が良くて、何が悪いのか、その基準が分からない。

根気強く伝えていくしかないのかもしれません。

そう考えるとイライラするのも違うと思いますが・・・

 

それでもイライラしてしまうんですよね

 

もしあなたも私と同じような気持ちを感じているのであれば、

一度、子供にその気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

「父ちゃん、怒ってばっかりでごめんな。」でいいと思います。

自分が思っていることを子供に伝えることは、

どんな内容であれ大切だと思います。

 

「今怒っている」

「怒っている理由」

「本当は怒りたくない」

 

話しても、子供には分からないかもしれませんが、

ただイライラして無口になるよりも、

自分も吐き出せて楽になるし、

もしかしたら子供も、あなたの考えを理解してくれるかもしれません。

 

逆に子供がなぜそれをやったのか、

それをやってみてどうだったかを教えてくれるかもしれません。

それが、あなたも納得する理由なら

イライラもちょっとは軽減するかもしれません。

 

妻のおかげで子供たちは元気に育っていますが、

子供を育てるって本当に大変ですね。

ちょっとしたことでイライラしてしまいますし、

何を考えているか読めない。

それでも毎日あなたが頑張っていることは、必ず伝わっているはずです。

 

自分を責めすぎてはいけない

 

私はこのブログを読んでくれている方には、

育児で自分を責めすぎないでほしいと思っています。

イライラしてしまうのはあなただけではないです。

イライラしてしまうのは、あなたの性格のせいではないのですから。

 

誰にも迷惑をかけない環境や、ケガをしない環境なのであれば、

子供たちがどれだけイタズラしようが、危ないことしようが、

怒ったりしませんもんね。

子育てのイライラとは長い付き合いになるでしょうが、

お互い頑張りましょう。あなたの頑張りが、子供に伝わったらいいですね。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

down

コメントする